infomation

だるま忌・観音舞奉納 開催の知らせ

観音舞03

11月3日(祝・土)10時30分~

だるま忌・観音舞奉納

 

「だるま忌」は達磨大師の命日に報恩の法要を営み、ご遺徳をしのぶ日です。
達磨大師さまが、インドの地でお師匠さまの般若多羅尊者より正法を受け継がれ、正法を伝える使命感を持ち、中国に来られたことを讃しつつ、我々も達磨大師の示された正しい教えを益々広めることを誓う意味で、報恩の法要を営むのです。
達磨大師さまは、お釈迦さまから数えて二十八代目のお弟子さまで、初めてインドから中国に禅の教えを伝えられ、禅宗の初祖と言われています。
ご自宅のお仏壇で道元禅師さまと並んで達磨大師さまをお祀りされているお宅も多いです。本覚寺では本堂の向かって左の段にお祀りしております。
 「ダルマさん」の愛称で知られていますが「ダルマ」というのは、サンスクリット語で「法」を表す言葉です。
赤色で手足が無いのは諸説ございますが、寒い日に赤い布団をかぶって坐禅をした姿を模写したものだと伝えられております。

古代から信仰の表れとしての舞があります。皆様もお祭りや神社で奉納される舞をご覧になった事は1度や2度ではないかとおもいます。

その奉納舞のなかで今回は「観音舞」を奉納させていただきます。

観音舞とは、柳元美香氏によって創られた「日本古来の心を一本の揺るぎない基軸として舞う」舞です。呼吸を見つめ、今生きていることを実感し、ひとつひとつの動きに丁寧に思いをのせて奉納致します。

 

又、お参りの皆様には本覚寺の仏様にお供えいたしまします「精進料理」を召し上がっていただきます。

皆様のご来山をお待ちしております。