HOME>護持会と婦人会

護持会と婦人会

第一条 (名称) 本会は本覚寺護持会という。
第二条 (目的) 本会は曹洞宗の教義に基づいて、会員の宗教的信仰を深め、本覚寺の法灯を護持し、併せて、寺門の興隆を計ることを目的とする。
第三条 (事務局) 本会の事務局は羽島市竹鼻町二四三四番地の一 本覚寺内に置く。
第四条 (事業) 本会は次の事業を行う。
一、 曹洞宗門および本覚寺の恒期および特別法要への参加
二、 各種の研修会、講演会および講習会への参加
三、 各種の行事の企画および開催
四、 会報(寺報に挿入)
五、 その他、第二条の目的を達成するために必要と認められる事業
第五条 (会員) 本会の会員は次の通りとする。
一、 本覚寺の檀信徒
二、 篤信賛助者の内、役員会が認めた者
第六条 (役員) 本会に次の役員を置く
一、 会長  一名
二、 副会長 二名
三、 幹事  若干名
四、 監査  二名
五、 顧問  若干名
六、 名誉会長一名
第七条 (役員の選出) 会長、副会長、幹事及び監査は、本覚寺檀信徒役員(総代)会において候補者を推薦し、総会において選出する(承認を得る)ものとする。
第八条 (役員の職務) 役員の職務は次の通りとする。
一、 会長は本会を代表し、会務を統括する。
二、 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は、会長の職務を代行する。
三、 幹事は本会の常務につき、会長および副会長を助けて、会務を処理する。
四、 監査は会計および会務を監査し、その意見を総会に報告する
五、 顧問および名誉会長は会長を後見し、会務を支援する。
第九条 (役員の任期) 一、役員の任期は四年とする。但し、再任は妨げない。
二、補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
第十条 (相談役) 一、本会には相談役を置くことが出来る。
二、相談役は本会の趣旨に賛同し、物心両面に亘って協力を惜しまない者に委嘱する。
第十一条(役員会) 一、本会の運営に関する重要な事項は、役員会において審議する。
二、役員会は会長、副会長、幹事、監査、顧問、名誉会長をもって組織し、会長が招集する。
三、会長の要請がある場合には、相談役はオブザーバーとして出席することができる。
第十二条(総会) 一、総会は毎年一回開催する。但し、必要に応じ、臨時総会を開催することができる。
二、総会は、会員全員をもって組織し、会長が招集する。
第十三条(総会の権限) 総会において次の事項を協議決定する。但し議決は全員(委任状を含める)の過半数が出席した総会で審議し、過半数の賛成をもって成立するものとする。

一、 予算および事業計画
二、 事業報告および決算報告
三、 会則の変更(この項は第十七条に従うものとする)
四、 その他必要と認められる事項

第十四条(経費) 本会の経費は次に掲げる収入をもって充てる。
一、 会費
二、 篤志者の寄付金
三、 その他の収入
第十五条(会費) 本会の会費は別に細則を定める。
第十六条(会計年度) 本会の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる
第十七条(会則変更) この会則の変更は、会員(委任状を含める)の過半数が出席した総会で審議し、三分の二以上の賛成をもって議決する。
付則 この会則は平成十二年七月三十日より施行する。
細則 一、 会費は当分の間、檀信徒役員は年一万円、護持会役員(檀信徒役員を除く)は八千円、一般檀信徒および賛助会員は年五千円とする。
二、 会費は原則として年度初めの月経の折に納入するものとする。