住職のお話

謹賀新年






新春およろこび申し上げます。





本年もどうぞよろしくお願い致します。





コロナウイルス感染症と向き合うこと早一年が過ぎ去ろうとしています。





皆さまの生活でも変化したことが多々あるかと思います。





さて、なにをもって「新型コロナウイルス=怖い」となるのでしょうか。





それは、未知のウイルがもたらす私たちへの影響は「死」といういつか誰にも訪れる瞬間のきっかけになるかもしれない。という事がすべての原因を作っているのかもしれません。





仏教の死生観(しせいかん:死に対する考え方)では死んだらどうなるのでしょうか?





誰も死んだらどうなるかは分かりません。





よく分からないところへ行くから、不安になるのです。





死が近づくにつれて死んだらどうなるのかという不安が高まるばかりです。





これは人間の一生をお母さんのお腹の中から生まれた時から死ぬまでと捉えているからです。





実はこれはまだ半生です。





死んだ後にも世界があるのです。





そして又、新たな生命として誕生するまでを一生と捉えています。





その無限ループを繰り返しているのです。





その無限ループから抜け出すことを目標としているのがお釈迦さまのみ教えなのです。





よく「死んだら何もなくなる」と言われる方がお見えですがお釈迦さまは死んでも無くなるのは肉体だけだと説いています。





死んでも魂は生き続けるのです。





「死んだらどこに行く」と質問すると「天国」と答える人が多いのですが、その天国はどこにあるのでしょう。





私たちの見えない世界にあるのでしょうか?





実はお釈迦さまはその見えない世界や天国をも区別はしていません。





生きている私たちの世界も旅立った後の世界も同じもの、分け隔てなく同じ世界だと捉えています。





「死を見つめることが生を見つめることになり、死を解決することが生を解決することになる」とお釈迦さまは説いているのです。





仏教では、死を見ないようにして、ごまかすことはしません。





死は必ず誰にでもやってくるのです。





なので、その時までどう生きるのか。





それも今のこの瞬間をどう生きるのか繰り返し「生きていくすべ」を自分で見つけ進んでいく事が、新型コロナウイルスが教えてくれたことであるのです。





私たちの生活を守るため、最前線で全力を尽くしてくださっている医療従事者の方や為政者の方々には敬意を払うとともに感謝の念に堪えません。





本年も足元をしっかり確かめながら一歩一歩地に足つけて進んでいきたいと思います。